公害を公害で制す!第一次産業のまち 北見市で、会社一丸となって取り組む消臭事業

普段の生活をするうえでどうしても気になってしまう「におい」。

たとえば、排水溝のにおい。

たとえば、生ゴミのにおい。

たとえば、汲み取り式トイレのにおい。

たとえば、ペットの糞尿のにおい・・・。

この悪臭を除去しようと、日用品を取り扱う様々な店舗で販売されている「消臭商品」を手に取る人が多いかと思います。

北見市端野町に会社を構える(株)環境ダイゼンも、その消臭商品をつくります。

申し遅れました。今回もオホタ編集長の佐久間茜華が、株式会社環境ダイゼンが開発した「きえ〜る」の誕生秘話についてご紹介いたします!

きっかけは「においが消えない!」クレーム

今回は、環境ダイゼンの取締役専務 窪之内 誠 さんにお話を伺いました。

まずは、環境ダイゼンが設立されるよりも前の話から。


数年前まで北海道北見市に店舗を構えていたホームセンターダイゼン。多くの日用品を取り扱う中で、もちろん、消臭効果のあるスプレーやジェルも販売していました。

ホームセンターダイゼンでは他の店舗と同様に、大手メーカーの消臭商品を広く用意していましたが、お客様から「どんな商品を使ってもにおいが消えない!!」とクレームが多々あったそうです。

 

「どんな商品もにおいが消えなかった・・・」

当時、ホームセンターダイゼンの店長として勤めていた(株)環境ダイゼンの窪之内 覚 社長も、お客様から「においが消える商品はないのか」と怒鳴られ、自分で様々な商品の消臭効果を確かめてみることにしました。

窪之内社長は生ゴミに様々な消臭商品を試しましたが、どんな商品も根本的な悪臭が取れることはありませんでした。

「ここで扱っていないだけかもしれない!」そう思い、展示会に行くたびに消臭効果のある商品を2年間探し続けましたが、それでもそんな商品は見当たりません・・・。

 

消臭効果があったのは公害の元!?

ある日、窪之内社長のもとへ「この液体を販売してくれないか?」と酪農家の知人が訪ねてきました。

その液体は茶色く、無臭のものでした。

正体は「バクテリアに牛の尿を食べさせて分解した無害で無臭の液」だったのです。

 

なぜ、牛の尿をわざわざ「無害、無臭」にしているのか。

皆さんは、かつての「常呂川汚染問題」をご存知でしょうか。

オホーツク・北見地域には常呂川の潤いがあり、土地も良いので農産物や酪農などの一次産業が活発に行われていますね。

常呂川の水は、常呂町の名産「ホタテ」や、サケなどの魚、もちろん農作物にも大切な存在です。

ですが、そんな常呂川に流れ込む「牛の糞尿」が川を汚染させ、悪臭を放つことが問題視されていました。

1999年には家畜排せつ物利用促進計画が策定され、たい肥舎や尿溜めの施設が整備され、糞尿処理技術の取り組みが各地方で行われるようになったので「汚染問題」について認知している人も多いかと思いますが、実は、策定前にもプラントが用意されて汚染を防ぐための補助がなされていたのです。

無害で無臭の茶色い液体は、策定前の取り組みによって作られたものだったのです。

 

無害で無臭の牛の尿には、驚くほどの消臭効果があった!

牛の尿を無臭で無害の液体にしたところで、川に流す以外、酪農業を営む人たちにはどう利用したら良いのか、どう利用できるのか、頭を悩ませていました。

ただ、農家さんたちがわかっていたのは、畑に散布すると農作物が元気に成長する「植物の活性剤」になるということだけです。

植物の活性剤としてホームセンターダイゼンで売り出すことを考えてみましたが、北海道は園芸の期間が短く、1年を通して販売することができません。

そして、ちょうどその時、窪之内社長が探していたのは「消臭効果のある商品」でした。

『牛の尿が無臭、無害になるのであれば、悪臭に効果があるのかもしれない・・・』そう思った窪之内社長は早速、もらった茶色くて無臭の液体をホームセンターダイゼンで働く人たちに配り、消臭効果があるのか実験を行いました。

すると、気になる排水溝のにおいや生ゴミのにおい、ペットの糞尿のにおいが驚くほど消えたのです。

環境ダイゼン きえーる 消臭 天然成分 抗菌効果 バイオ酵素 きえ~る室内用 280ml(4962159800237)(4962159800237) ポイント10倍

「きえ〜る」の誕生

左からパッケージの変化(初期のタイプは、液が茶色くなってしまっていますが、現在は改良されているのでいつまでも透明です。)

窪之内社長が探していた消臭効果のある商品。それはどこを探しても見当たりませんでした。

でも、茶色い液体の威力を知った瞬間、「これを商品化したらいいのではないか!」と思いつきました。

悪臭が消えるから、「きえ〜る」。そう命名したのが始まりです。

ホームセンターダイゼンのオーナーに隙間商品として販売する許可をもらい、1998年6月に「バイオ消臭液きえ〜る」の商品化がなされました。

 

「きえ〜る」の真の威力

きえ〜るはにおいを消すだけではありません。消臭するものの本来の良いにおいは残しつつ、悪臭を取り除くのです。

原液は茶色いのですが、改良を重ねて「透明液」と「有色液」に分離させることに成功。

分離された透明な液は、有機物が酸化して発生する悪臭に対してのみ反応する「バイオ酵素」となったのです。

その効果は日本赤十字北海道看護大学や北見工業大学、帯広畜産大学で認められました。

また、1年前の園芸用の土に試したところ、バイオ酵素が土内の悪玉菌を減らして善玉菌を増やし、土を見事に生き返らせました。

これもまた、誰にでもわかりやすい名前を!と考え、液体たい肥「土いきかえる」と命名して商品化したところ、農業生産者から連作障害の特効薬に使える!と高評価をいただきました。

 

退職金代わりに「きえ〜る」。62歳で起業

2000年にはホームセンターダイゼンの”環境商品事業部”として製造販売を開始しましたが、きえ〜るの商品詳細情報を知る人はただ一人、窪之内社長しかいませんでした。

つまり、事業部のメンバーは窪之内社長ただ一人だったのです。

事業部を立ち上げた時には54歳で、定年も視野に入ってきた頃でした。

商品をきちんと育てていくことのできる人がいない場所に置いておくよりも、「自分がこの商品を責任もって育てよう」そう思い、62歳の時に退職金代わりに”きえ〜るの権利”をもらって起業することにしたのです。

会社名は、お世話になったホームセンターダイゼンに敬意を表したいと「株式会社 環境ダイゼン」としました。

起業後、ホームセンターダイゼンの駐車場の片隅にプレハブを置かせてもらい、3人のスタッフとともに事業開始。

原料となる牛の尿は北見近郊、60km近辺で集めます。使っているのは「ホルスタイン」の尿だけ。

商品はコツコツと育て上げられ、多くの人の目に触れるようになり、バリエーションがどんどんと増えていきました。

 

ほとんど手作業できえ〜るを生産!

2012年には北見市端野町に会社を移転し、製造の規模を拡大しました。

とは言っても、製造する機械は、もともと電気関係の修理を行っていた”工場長の佐藤政之さん”が自ら作り出したもの。

佐藤政之さんと、佐藤さんが作った「きえ〜るをボトルに注ぎ込む機械」

筆者は、環境ダイゼンの工場に入る前まで、「きっと、大きな機械がたくさんあって、いつでも大量生産できる環境が整っているんだろうなぁ」と考えていたので驚きです。

1つのボトルに液体を注ぎ込む機械は全7台、すべて佐藤さんが製作した機械です。そして、その機械へボトルをセットし、注ぎ終わったらまた人の手に戻る。

さらには、シールを貼る作業も一人一人の手によって行われているのです。

作業が早すぎて写真がキマりません!

 

会社を変革!みんなで同じ目標に向かおう!

 

環境ダイゼンでは、窪之内 誠 専務が入社してから、毎日自分たちが行っている事業に対して、「全員」で話をするようにしました。

それは、会社がモットーとしている「困っている人がいたら助けること」だったり、自分たちが手作業で作っている「製品への想い」だったり。

-「困っている人がいたら助ける」というのは、新聞などで見て知っている人も多いかと思いますが、環境ダイゼンでは、災害が起きた時、日本赤十字社を通して腐敗臭に対応できる消臭剤として、各被災地へ支援をしているのです。

だからこそ、会社の中でのミスマッチが起こらず、全員が幸せに働けるのです。

たとえば、「社長が何を考えてこの事業を行っているのかわからない」「ただ、やれと言われているからやっている」「社員が辛そうだけど、どうしたらいいのかわからない」など、些細なミスマッチによって、雇用されている人々は離れていってしまうのです。

窪之内専務は、「毎朝、1時間でも全員の前で話をしますよ!」と言います。

今年からは地元の高校生や、北見工業大学大学院から新規採用をしていきたいと考えているそうです。

 

地元産にこだわった新パッケージ「きえ〜るUシリーズ」、販売開始

きえ〜るUシリーズは、日常の中に消臭剤が溶け込むことができるように、シンプルにデザインされたパッケージです。

原料調達と同じく、パッケージデザインも地元のデザイナーを起用。新パッケージをリリースする目的は、首都圏のバラエティショップや雑貨店などで、今まで「きえ〜る」を知らなかった人たちにも手に取ってもらうため。そして、若い方にも手に取ってもらうためです。

昨年先行販売として東急ハンズで販売したところ、思った以上に大好評。それを受けて今年2017年9月1日からは、他の様々な店舗にて新デザインのきえ〜るの販売を開始しました。

雑貨店、スポーツ用品店など、今まで取扱いがなかった業種で取扱いをしてもらったことにより、売り上げは驚くほどアップしたそうです。

でも、きえ〜るファンのみなさん、安心してください。以前までのホッとするデザインも継続して店頭に並びますよ!!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

環境ダイゼン きえ〜るUシリーズ 身の回り用 300ml
価格:1985円(税込、送料無料) (2018/4/4時点)

 

「きえ〜るUシリーズ」の販売店舗一覧(H29.11.17時点)

東急ハンズ 全国主要店(一部取扱のない店舗様もございます。詳細は各店にご確認ください。)
とみおかクリーニング  LIFE LAB.
とみおかクリーニング 札幌1階雑貨店
natural high-ナチュラル・ハイ-北見店
natural high-ナチュラル・ハイ-イオンモール苫小牧店
natural high-ナチュラル・ハイ-清田店
natural high-ナチュラル・ハイ-永山店
hannah-ハナ-北見店
hannah-ハナ-イーアス札幌
gajumal-ガジュマル-イオンモール旭川西店
 GARAGE MARKET-ガレージ・マーケット-(北見市)
介護ショップこばやし(北見市)
東武サウスヒルズ(中標津町)
東武イーストモール端野店
スーパースポーツゼビオ郡山西ノ内店
スーパースポーツゼビオららぽーとTOKYO-BAY店
東急ハンズネットストア
Amazon
kaunet
生活雑貨ココ笑店(楽天市場)

 

きえーるギフトセット、12月1日販売開始予定!!!!

もうじき、日頃お世話になっている方々へ感謝の気持ちとしてお歳暮を贈るシーズンですね。

そんな時には、地元北見でつくられている、使えるアイテム「きえ〜る」はいかがでしょうか。

ギフトセットの内容は、以下の通り。価格は5,000円(+税)です。

  • 様々な生活臭に使える「きえ〜る身の回り用」(無香・無色透明液)
  • 様々な生活臭に使える「きえ〜るゼリータイプ」(無香・無色透明液)
  • 様々な生活臭に使える「きえ〜るゼリータイプ」(ミントの香り)
  • 衣類の消臭液「きえ〜る洗濯用」(無香・無色透明液)
  • 排水管・排水口の悪臭とヌメリに「きえ〜る排水管用」(無臭・液色茶色)

販売開始は12月1日!!!

感謝の気持ちを伝えるアイテムとして、きえ〜るUシリーズをぜひ利用してみてくださいね。