カニが空を飛ぶ!?網走 旬の味覚が集うイベントに行ってきました。

みなさんこんにちは。

編集長の佐久間茜華です。

皆さんは、「網走市」と聞いたら何を想像しますか?

網走は、オホーツク文化最大の遺跡として国の史跡に指定されるモヨロ貝塚があるまち。

網走に接する湖では、ホタテやワカサギ、エビやしじみなどの漁が盛ん。また、網走市は最北の捕鯨基地でもあります。そして、オホーツク海沿岸では「かに固定式刺網」、「毛がに篭」による漁業が行われています。

そうです。

今回の話題は「網走のカニ」

茹で上げられた流氷明けのカニが浜値で販売される「春カニ合戦 in 網走」へ行ってきました。

このお祭りは今年で5回目。

会場は毎年大勢の人で賑わいます。

実は網走市、1次・2次産業よりも第3次産業に多くの人が従事しているといいます。そんな網走市内にある飲食店からは、カニを使ったご飯「カニめし」が出品され、会場にきたお客さんが美味しい「カニめし」を投票する『カニめしコンペ』も行われました。

お祭りを楽しむためには、「コンペ料理1品」「ビールやソフトドリンクが飲み放題」「カニまきエントリー抽選券」、そしてカニセットやABASHIRIバルチケットが当たる「春カニ得抽選券」がついた券を購入します。

わたしたちは当日販売されているカニめしコンペ参加券を2枚GETしてきました。

個人的に食べてみたかった「春カニDEはにかみフォカッチャサンド」と、「浅草「CRAB RED」のクラブレッドカレー」をチョイス!

とっても美味しいね!!

イベントサイズだけれど、やっぱりシェアして食べるのが楽しいみたい。

(人手が足りなく、全種類食べられなかったのが少し残念)

そうこうするうちに、何やら会場内ステージ付近に人だかりが。

何だかカニのような帽子をかぶっている!?

「何が始まるの!??」

ふと後ろを振り返ると人だかり。

何かが向かってきている・・

山車!?

男性陣が担ぐ山車の上に、女性と・・カニの帽子をかぶった男性!?

カニのようなパフォーマンスでわたしたちの目の前を通り過ぎてゆく。

んんんっ!!?

何か飛んでる・・

ステージに戻った山車、その上から何かが飛んでいる・・・

カニだ!!!!

カニが宙を飛んでいる!!!!!

これぞ網走名物、200名限定の「カニまき」です。

安全のため、カニ帽子をかぶり、プチプチに包まれたカニをカゴでキャッチ。

なんて、楽しそうなの!

網走で開催された春カニ合戦、次は6回目となります。

来年はどんな催しになるのか、楽しみですね!

それでは、また!