何かやりたい人集まれ!道東エリアリノベーション・プロジェクト・イン津別

オホーツク網走郡にある愛林のまち、津別町。平成の大合併にて反対を通した津別町は、現在人口4,916人(2017年3月31日)。どの地域も直面している人口減少問題に、新しい風を吹かせます。

 

道東エリアリノベーション・プロジェクト・イン津別の立ち上げ

人口減少によって増え続けている「空き家」の改修を行い、コワーキングスペースとゲストハウスを創出。その2つの地域拠点から新しいビジネスや移住者が生まれる仕組みを作っていくプロジェクトが、「道東エリアリノベーション・プロジェクト・イン津別」。エリア全体に新しい価値を作り出します。

 

オープンミーティング開催

3年計画プロジェクトの初回は「オープンミーティング」。道東地域でプロジェクトもしくは#(ハッシュタグ)のキーワードに関心がある方、誰でも参加可能。津別町多目的活動センター(さんさん館)にて 昼と夜の2回に分けて、ワークショップ形式で意見交換をしましょう!

ワークショップには、地域とともにエリアマネジメントに取り組む”MN設計共同体アンドパートナーズ(MNAP)”の5名がファシリテーターとして参加します。

広瀬 毅 さん

一級建築士。1986 年横浜国立大学工学部建築学科卒、1998 年広瀬毅建築設計室設立、2003-2012 年信州大学工学部非常勤講師、2009 年LLP ボンクラ、2014 年( 株)CREEKS 取締役。現在、コワーキングスペースCREEKSを運営する等、建築設計に止まらず、運営者として地域・社会に貢献。

 

渡邊 崇志 さん

株式会社宿場JAPAN 代表取締役/ ゲストハウス品川宿館長。2004 年 明治大学商学部産業経営学科観光航空戸崎ゼミ卒。現在、ゲストハウスを運営しつつ、各地でのゲストハウスの立ち上げを含んだコンサルティングを行う。全国で講演を行う等、精力的に活動。

 

 

鈴木 貴詞 さん

一級建築士。2000 年 東海大学大学院修了、2005 年 スズケン一級建築士事務所設立(東京都)、2011 年 長野に拠点を移す、2015 年雑誌「PEN」住みたい家グランプリ入選等コンペを獲得。現在、新築から改修まで幅広く設計を行う。

 

岡部 宇洋 さん

2011 年北海道大学公共政策大学院修了。プロジェクトスクール@3331一期生。大成建設株式会社で海外事業等に従事し、2015年に独立。現在はフリーのプランナーとして、地域のアートプロジェクトや観光PR 等の活動をしている。株式会社宿場JAPAN のプロジェクトに2年前より参画。

 

香川 翔勲 さん

一級建築士。2012 年 信州大学大学院修士課程修了、2012-2015 年 松田平田設計勤務、2016 年- トベアーキテクト設立。現在、トベアーキテクトにて建築設計から、家具ブランド「tectonic」を立ち上げる等、プロダクトの設計も行う。

 

オープンミーティングのプログラム

  1. 昼の部 #空き家改修 #ゲストハウス #コワーキング

空き家を改修してみたい方、ゲストハウスや民泊を運営してみたい方、コワーキングスペースを利用したい、もしくは運営したい方が対象。津別町の空き家を実際に歩いて巡り、やりたいことのイメージを具体化するワークショップを行う。(定員:25名)

 

2. 夜の部 #起業 #道東 #人と人をつなぐ

道東や津別町で新しいことを始めたい方、既に自分で活動している方を対象に、アイディアや活動をブラッシュアップしたり、新たなコラボレーションを生むためのワークショップを行う。(定員:25名)

 

申し込みについて

事務局である津別町役場 住民企画課 地方創生推進グループ、担当の”高橋”さん宛に「お名前」「所属」「当日連絡がつく連絡先」を記入の上、メールしてください。

メールアドレス:doto.area.renovation@gmail.com

開催日時 昼の部:9/21(木) 13:00~15:30
夜の部:9/21(木) 18:00~20:00
開催場所 津別町多目的活動センター(さんさん館)
料金

昼の部:無料

夜の部:500円(軽食付き)

お問い合わせ 津別町役場 住民企画課 地方創生推進グループ(担当)高橋
TEL 0152-76-2151(内線242)