うまいもんまつりの後は、絶景ホテルで雄武の焼床を堪能しよう!9月24日(日)

オホーツクの最北端、雄武町は2016年9月30日時点の人口が4,596人の小さなまち。

皆さんは雄武町へ行ったことがありますか?

広々とした大地に海の香りが漂い、自然に身を任せられる 心地よいまち

そんな雄武町は海産物の宝庫。

年に一度、雄武町のうまいもんが集まる祭典があります。

 

雄武の美味しい海鮮が大集合!うまいもんまつり開催

地元からも、地元の外からも、海鮮目当てに多くの人が集まります。

2017年9月24日、程よく涼しくなってきたこの日に、雄武町うまいもんまつりが開催されます。

午前9時から午後13時までの短い時間の中で、 ”アンガス牛ステーキ” や ”マスのちゃんちゃん焼き” 、 ”あきあじ鍋” や ”つぶ煮”、 “海鮮浜焼き” などの海鮮料理を食べることができ、午前11時からは、雄武町ならでは、 “鮭のつかみどり” が思う存分楽しめます。

また、雄武町商工会からは変り種として、若い方も楽しめる ”おうむの海鮮ピザ” や ”雄武牛バーガー” 、 ”雄宝(鮭)バーガー” や ”ダッタンそばコロッケ” が提供されます。

 

雄武町はオホーツクのてっぺん。

ここまで来たのなら、絶景が楽しめるホテルで雄武文化を楽しみましょう。

 

うまいもんまつりのあとはホテルへ直行!

焼床が楽しめるイベント、ミサキフェスティバルが同日開催

雄武町が誇る宿泊施設のひとつに、オホーツク温泉 ホテル日の出岬があります。

小高い場所にあるホテルでは、うまいもんまつりに合わせて、ミサキフェスティバルと題した祭りを開催します。

うまいもんまつりが13時に終了後、15時からウォーターサバイバルゲームやバランススクーター、バブルボール、そして景色の良い野外での映画(SING)上映など、家族で楽しめる企画を用意しています。

さらに夕食として、16時から17時30分まで、雄武の焼床を楽しむことができます。

お肉1皿・・・500円

海鮮1皿・・・1,000円

生ビール1杯・・・400円

ソフトドリンク1杯・・・150円

 

終日海鮮三昧!雄武の文化、焼床を楽しみましょう!でも、そもそも、焼床って何!?

雄武町の文化として、焼床というものがあります。

漁業のまち雄武では、かつては獲れたての魚や貝類を、仕事が終わったら毎日のように、船の油が入っていた ”ドラム缶” で焼いて食べていました。

その名残りは、今でも海鮮バーベキューとして、”そのまま”残っているのです。

詳しく知りたいからはこちらから↓

雄武町民が日頃から楽しむ”焼床”って何か知っていますか?

 

焼床を楽しんだ後には、温泉から絶景を堪能しよう!

イベントが開催させるホテル日の出岬の温泉からは、オホーツク海を一望することができます。朝から夜まで楽しんだうまいもんまつりと、ミサキフェスティバルの最後を温泉で締めくくりましょう。

通常の温泉からも、もちろん露天風呂からも綺麗なオホーツク海を見ることができます。旅の疲れも癒していってくださいね。

開催日時 うまいもんまつり:9月24日(日)9:00~13:00
ミサキフェスティバル:同日15:00~19:30頃
開催場所 うまいもんまつり:メモリアル広場 / ミサキフェスティバル:ホテル日の出ミサキ
お問い合わせ うまいもんまつり(雄武町観光協会)0158-85-7234/ミサキフェスティバル(ホテル日の出ミサキ)0158-85-2626