札幌に「オホーツク地域の食と観光」持っていきます。2018年1月24日(水)・25日(木)

オホーツクをまるごと札幌に持っていきます。

オホタを普段見てくださっているみなさんは、すでにオホーツク地域を知っているかと思います。ですが、「オホーツク」に実際に来たことはありますか?オホーツクの美味いもんを食べたことはありますか??

もし、もしも仮に!「オホーツクに行ったことがない!」「オホーツクの美味しいものを食べたことがない!」という方がいらっしゃったら・・・。そして「オホーツクと最近ご無沙汰!」という方がいらっしゃら・・・

”オホーツクをまるごと札幌に持っていくので、ぜひ体感してください。”

オホーツクの”美味いもん”持っていきます!

期間中、チ・カ・ホ(札幌駅前地下広場)北3条西広場にて、オホーツクの特産品を販売いたします。

オホーツク北見市といえばハッカやハーブ、玉ねぎや白花豆。紋別市といえばホタテやカニ。湧別町もホタテが有名ですね。美幌町といえば山わさびやお米。小清水町といえばジャガイモ。滝上町はハーブやチーズ。興部といえばもちろん牛乳。雄武町は海鮮のイメージが強いですが、韃靼蕎麦も有名。西興部は新鮮な鹿肉が食べられると評判ですね。

文字で羅列してもわかりにくいので、持っていくオホーツクの食を写真でご紹介します。

そして、オホーツクは十勝に次ぐ小麦の生産量を誇るエリアです。

オホーツク産小麦などの農産物を使って、より身近にオホーツクを感じられるスイーツを作ろう!と、地元の高校生・大学生と地元の菓子店が”オホーツクスイーツ開発プロジェクト”を立ち上げました。その取り組みによって生まれたスイーツも、今回札幌へ持っていきます!

オホーツクならではの体験も持っていきます!

「オホーツクといえば何を想像しますか!?」その質問には多くの人が”流氷”と答えるかと思います。流氷は網走市や紋別市、知床でも観ることができますね。オホーツクには流氷が流れてくると同時にプランクトンが運ばれ、その栄養分を魚やホタテたちが食べているためオホーツクの海産物はとても栄養豊富で美味しいのです。

オホーツクに恵みをもたらす流氷を 実際に間近で見たことがありますか?今回は特別に、流氷も札幌へ持っていきます!ぜひ、近くで見て、触ってみてくださいね。

そして、黒曜石のアクセサリー作り体験も用意いたします。北海道全域では”十勝石”という名前の方が定着していますが、オホーツクエリアでは「黒曜石」と呼んでいます。なんと黒曜石はオホーツク遠軽町白滝地方が 日本最大の原産地を誇っているのです!

他にも、ラベンダーオイルを使ったハンドケア体験や昆虫展覧なども用意します!

 

オホーツクらしさ全開のステージイベント

期間中、朝10時から19時までオホーツクらしいステージイベントを用意しています。オホーツク各地からゆるキャラが参加し、「オホーツクに関するクイズ」や地域の体験プロモーションを行います。もちろん、2017年6月7日にオホーツク観光大使に就任した「結月ゆかり」さんもクリオネ風カラーの衣装でオホーツクのPRをします!

さらに、第14代オホーツク観光大使の「laufen」さんによるミニライブも開催!laufen・Cukaさんの故郷であるオホーツク・知床、そして北海道の雄大さを表現した音楽を ぜひ会場でお聴きください!

▶︎ 詳細はこちらから!

開催日時 2018年1月24日(水)〜25日(木)
両日/10:00〜19:00
開催場所 チ・カ・ホ(札幌駅前通地下歩行空間)北3条広場
お問い合わせ オホーツク物産振興協会(事務局:北海道オホーツク総合振興局産業振興部商工労働観光課)
TEL 0152-41-0762
URL https://okhotskfair.jimdo.com/