【お知らせ】60年前、みかん箱1つから始まった「滝上町芝ざくら」の写真を集めています。

みなさんこんにちは。オホタの佐久間茜華です。

 

オホーツクは春夏を通してたくさんの花がみなさんを笑顔にしますね。紋別市に隣接する滝上町ではこの時期、芝桜が咲き乱れます。

 

すごく美しい景観に誰もが見とれてしまいます。が、なぜ、滝上町で芝桜だったのでしょう。その歴史を少し、振り返ってみます。

 

遡ること59年、滝上町にみかん箱1つ分の芝桜が咲きました。

 

さらに遡ること100年弱、素晴らしい景観の滝上町を広めるため桜の移植を行い、昭和25年に開催された桜まつりをきっかけに桜の名所として全道に広まっていきました。

ですがその後、綺麗に咲き誇る桜は雪や雨風、病害虫などにより徐々に傷んでいきました。そんな時、その公園の管理人が心惹かれた芝桜を”みかん箱1つ分”、公園の片隅に植えたことが滝上町芝ざくら公園の始まりとなります。

その芝桜は病害虫に強く、地を這うようにどんどん広がっていきました。当時の町長はこれに着目し、本格的に芝桜公園として整備を始めたんだそうです。それが今から59年も前のことです。

 

 

 

芝ざくら植栽60年記念プロジェクト

「60年の歴史を振り返る写真」でモザイクアートをつくります。

もうじき迎える芝ざくら植栽60年。

滝上町役場では2018年に、60年分の「芝ざくら公園で撮影された写真」を使用しモザイクアートを作ります。みなさんの思い出の写真、滝上町までお寄せください。

写真の応募は10月31日(火)まで。メール、もしくは郵送にて応募することができます。

送付先メールアドレス takinoue60@gmail.com
送付先住所 〒099−5692 紋別郡滝上町市街地4条通り2丁目「芝ざくら植栽60年記念事業実行委員会」宛
応募の際に記載すること ・応募者の氏名

・応募者の住所

・応募者の連絡先電話番号

・芝ざくら滝上公園で撮影した添付写真にまつわる思い出話(200文字程度)

応募締め切り 2017年10月31日(火)
注意事項 ①郵送した写真は滝上町役場にてデータ化した上で、返送します。

②応募写真はモザイクアートに1つとして作品にする可能性があります。またその他ウェブなどの媒体に掲載する場合があります。

問い合わせ先 TEL:0158−29−2111(滝上町役場 商工観光課)

 

 

60年の歴史の中でたくさんの方がこの場所でシャッターを切っているはず。たくさんの方の思い出で作られる1つのモザイクアート、完成が待ち遠しいです。