遠軽で国際交流。ヒンメリ・フレンドシップ2017 in えんがる 7月13日(木)〜22日(土)

フィンランド独立100周年 ~遠軽町を舞台にヒンメリ文化交流を~

遠軽町で、「ヒンメリで町おこし」に取り組む女性団体、えんがるヒンメリの会 auriko(アウリンコ)。光り輝く黄金色の麦畑、その美しさを伝えるために麦わらで何か作りたい・・。その想いをきっかけにaurinkoは誕生しました。

 

aurinko(アウリンコ)とは。

もともとヒンメリとは、麦を育てる農家の女性などが豊作に感謝して作りはじめ、田園地帯を中心に広がったフィンランドの伝統装飾。北欧アートとして注目を浴びるヒンメリを通して遠軽を知ってほしい。そう想い、自ら育てた麦でヒンメリを作りながら、販売やイベント活動に取り組んでいます。

取り組みの一つである町中(まちじゅう)ヒンメリプロジェクトでは、遠軽町内の施設やお店にヒンメリをプレゼントして飾ってもらい、その魅力をSNSなどで発信するもの。(写真はマウレ山荘に飾ってあるヒンメリ)遠軽町がヒンメリのまちとして認識されたい。という想いで働きかけ、現在では遠軽町内30件ほどの施設やお店にヒンメリが飾ってあるそうです。

今回開催されるヒンメリ・フレンドシップは、aurinko、そしてオホーツク観光大使である音楽ユニット ホラネロが共に「音楽とヒンメリ」の両方からヒンメリの魅力を伝えようと活動するえんがるヒンメリ・プロジェクト”が主催として開催します。

「ホラネロ」とは、2016年4月にヒンメリ展示コンサートを行ってから共に活動しているそうです。麦が風にそよぐ音や麦の切れ端を材料に使ったオリジナル楽器を使った「ヒンメリア〜麦がつなぐ人と大地〜」というホラネロの楽曲はテレビの天気予報でも使われています。

 

 

 

 

 

ヒンメリ作家エイヤ・コスキさんとaurinkoによる共同展示会【ヒンメリ・フレンドシップ2017 in えんがる】

フィンランドには世界的なヒンメリ作家であるエイヤ・コスキさんがいます。ヒンメリは世の中を良くしたいという想いを伝えられるメディアであると言うエイヤさんに会いに、2016年11月にaurinkoとホラネロはフィンランドのエルビヤルナに渡り、aurinkoから友好関係を表すヒンメリをプレゼント。そして、様々な施設でホラネロのヒンメリコンサート。そんな「ヒンメリ・フレンドシップ」という文化交流を行いました。

今回はその「ヒンメリ・フレンドシップ」を遠軽で行います。エイヤ・コスキさんとaurinkoによる共同展示会はもちろん、エイヤさんによるワークショップやホラネロによるコンサートもあります。前回「ヒンメリ・フレンドシップ」が行われた際、舞台であるエルビヤルナに、aurinkoからヒンメリをプレゼントしたそうです。その時に贈ったものと同じヒンメリも会場内に展示。ヒンメリを通して遠軽町とエルビヤルナの友情を育み、楽しさを共有できるイベント。

 

 

 

■ ヒンメリ作家エイヤ・コスキさんとaurinkoによるヒンメリ共同展示会

入場 無料

 


■ aurinkoによるミニヒンメリ作り体験

予約 不要
料金 500円
開催日 17日(月)を除き毎日開催

 

■ エイヤ・コスキさんによるヒンメリワークショップ「ポフヤンマーモデル」

7月14日(金)13:00~16:00

予約 必要
料金 3,500円
定員 30名

 

■ エイヤ・コスキさん ヒンメリワークショップ「アサノハ100」軽食付き

7月15日(土)10:00~15:00

予約 必要
料金 5,000円
定員 30名

 

■ ホラネロによるヒンメリコンサート。エイヤ・コスキさんトークショー付き

7月15日(土)16:00~17:30

予約 必要
料金 2,000円
定員 100名

 

■ エイヤさんたちを囲んでの交流会 軽食付き

7月15日(土)18:30~20:00

予約 必要
料金 3,000円
定員 50名

 

■ 「フィンランド料理作りで国際交流」ジオツアー

7月16日(日)8:30~14:00頃(予定)

予約 必要
料金 大人 ¥1,900

小・中学生 ¥1,000

幼児 ¥100

 

 

ヒンメリに包まれる10日間、お楽しみください。

開催日時 2017年7月13日(木)〜22日(土) 10:00-17:00
開催場所 ふぁーらいと
お問い合わせ (予約・申し込み窓口)えんがるヒンメリ・プロジェクト/ engarupj@gmail.com
TEL 080-7852-6435
URL https://www.aurinko.site/blank